看護理念

看護理念
地域で暮らす利用者とその家族が望む形で過ごせるように、専門職として支えます。

看護方針
①安全かつ柔軟な在宅看護ケアの提供をする
②専門職として常に知識、技術の獲得に向け学びを深める
③地域活動への参加により地域貢献をする
④医療福祉分野での連携を図るため他職種との関わりを密に行う
④利用者1人ひとりに向き合う公平であり丁寧な看護、リハビリテーションの提供をする
⑤職員の働きやすさを追求する
⑥リハビリ専門職員との連携を図り、日常生活動作の維持向上を目指す

 

はじめまして、きらめき訪問看護リハビリステーションの管理者の澁谷敦子と申します。
川越及び近隣地区で暮らす皆様のお力になるべく、ご自宅や施設へお伺いして看護、リハビリを提供しています。
私たちきらめき訪問看護リハビリステーションは、利用者様一人ひとりの思いを尊重し、望む生活に近付けるよう援助します。
在宅での暮らしを充実させ利用者様が安心して暮らしを維持できるよう、看護、リハビリテーションの視点からお手伝いさせて頂きたいと思います。
私たちは丁寧かつ迅速な対応を心掛け、日々変わりゆくご利用者様の状態に合わせて適切なケアを提供致します。利用者様及びご家族の人生に関わることができることに感謝し、訪問させて頂きます。

ページトップへ戻る